カードローンの審査の傾向…銀行よりは消費者金融系が審査が甘い!?

カードローンを利用するためには審査を受けなければなりませんが、これには一定の傾向があります。

 

まず、時代とともに緩くなってきていると言えるでしょう。簡単に言えばカードローンを利用しやすくなってきていると考えられます。過去には正社員として働いている人が主なターゲットだったのですが、最近ではそうではなくて女性もターゲットとなってきていますし、アルバイトとして働いている人や派遣社員として働いている人でも利用できるようになってきました。

 

また、主婦でも利用できるようになってきましたから、甘くなってきたと考えられます。

 

 

カードローンは様々な金融機関が提供していますが、金融機関ごとに傾向は異なります。もっとも審査が厳しいのは銀行です。もちろんですが、銀行でも地方銀行や都市銀行によって違いがあります。昔に比べれば通りやすくなってきたという傾向はありますが、やはり他の金融機関に比べると厳しい傾向にあると言えるでしょう。

 

銀行以外の金融機関は貸金業者としてまとめられます。もっとも審査の緩いのが消費者金融です。

 

大手よりも中小のほうが緩い傾向があります。ただ、安心して借りるのなら大手のほうがよいでしょう。信販会社もカードローンのサービスを提供していますが、信販会社はいくつかの種類を提供している事が多いです。優待会員向けの有利なものは銀行のサービスに近いですが、そうではない一般会員向けのサービスは消費者金融に近いという傾向があります。